【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングで低リスクの案件

ソーシャルレンディングで低リスクの案件

ソーシャルレンディングはリスクが高くあります。
金利が高目になりますから、貸し倒れの可能性は高めになってしまうのは仕方ないといえるでしょう。
ですが、個別に違いがあり、低リスクの案件があることも確かです。
具体的にいいますと失敗をしたとしても投資額が少なからず回収できるような保証があるような案件です。
不動産関係に多いのですが、そのものが抵当に入る場合などがあります。
そうしたタイプの案件であればかなり安心して投資ができるようになります。
新しいタイプの金融として注目されているソーシャルレンディングではあるのですが、さすがにどんな案件でもよいわけではないのでよく考えることです。
基本的には金利が高いとリスクが高くなりますから、これは投資の大原則です。
ですが、よく見れば実際にはそこまでリスキーではないこともありますから、それは狙い目となります。



ソーシャルレンディングの意味とリスク

資産運用が超低金利で難しくなっていますが、預金をしていても、ほとんど利益にならない状況では、もう少し他の方法で利益を得たいという考え方になってきます。
その場合、重要なのがリスク管理ですが、自分でどの程度までリスクを許容できるかということを考えて、リターンを得ていく時代になっています。
もともとリスクのないリターンはありえませんが、金利が高い状況は、国の金融政策や経済構造などである程度のリターンが得られた状態だったということになります。
しかし、今の経済状況はそうではないということで、ソーシャルレンディングなどの投資方法も生み出されてきたということになります。
色々な資産運用の方法のひとつがソーシャルレンディングですが、その意味を理解し、管理をすることで収益を得られる可能性があるという方法になります。



ソーシャルレンディングの基本的な理解とリスク

ソーシャルレンディングを利用して投資を行う場合には、どの投資でも同じですが、基本的な理解を通して、投資判断をしていく必要があります。
ソーシャルレンディングのメリットやデメリット、リスクやリターンなどをよく吟味することで、これならリターンが得られ、リスク管理もできるということで、投資を始めます。
ですので、基本的な理解は不可欠で、単に儲かりそうだということで投資をするのでは、リターンを得られないかもしれないということにもなります。
超低金利の中で、高金利商品ということなので、その仕組みをよく理解して投資をする必要があるわけです。
ソーシャルレンディングの仕組みとしては、クラウドファンディングの一種ということで、不特定多数の人たちからお金を集めて、投資をするという考え方です。
インターネットの時代だからこそできる投資とも言えます。

次の記事へ

カテゴリー