【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングと不動産投資

ソーシャルレンディングと不動産投資

インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつける融資仲介サービスであるソーシャルレンディングは、投資型クラウドファンディングという呼ばれ方されています。
個人と個人がネット上で小口の融資を行うことができる、インターネット時代の新しいサービスだと言われています。ソーシャルレンディングの運営会社と契約して口座を開くことで投資を行うことができます。運営会社にもよりますが、投資できる最低額はいちばん少ないところで1万円から可能です。
また、それよりは高くでも10万円が最低金額となっているところはほとんどなので、比較的少ない額の資金で始められるとして注目をされています。手軽に始めることができる投資だとされており、今後もさらに参入企業の増加が想定されていて、市場規模は拡大すると予測されているようです。

ソーシャルレンディングを始めるにあたっては、その運営会社の選択とその会社の信用度が重要なポイントだと言われています。お金を借りたいとしている企業には、電力開発の新規事業、不動産投資、また海外の個人向け貸付など様々な案件があります。
この運営会社にとっては融資先である案件の違いによって、その利益還元もまた異なる場合があるそうです。ソーシャルレンディングはまだその歴史は浅く、比較的最近始まった新しい投資方法となっていますが、今のところ貸し倒れなどもなく、安心度は高い投資方法だと言われています。
しかし、誰もがわかっている通り、投資にはリスクがつきもので、ソーシャルレンディングももちろん例外ではありません。借りたお金を返せない場合、貸し倒れが発生し、改修不能となれば投資家は資金を失ってしまいます。
万が一の場合があるかもしれないということだけは把握しておくべきでしょう。それを避けるためにそれぞれの運営会社は様々な対策を立てていますが、取り扱う案件が不動産投資である場合は、そのリスクも少ないとされています。

それぞれの運営会社でリスク予防の対策は取られています。また、毎月の分配金や会社によってはお得なキャンペーンを展開しているところもあるので、そこからの利益も見込めます。
現時点では決してリスクは高くはないといわれているソーシャルレンディングですが、その中でも不動産投資に特化している場合がよりリスクが少ないとされています。不動産投資に関しては、融資する前に特に入念な審査が行われ、回収不能となった場合の法的手続きなどにも万全を期している運営会社が多くあります。
また、案件が不動産投資に特化していることでリスクが低いことをうたっている運営会社もあるほどなので、投資先の案件の種類は常に注目する必要があるかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー