【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングのリスクはどのくらいか

ソーシャルレンディングのリスクはどのくらいか

ソーシャルレンディングという投資の仕方、或いは資金の集め方が注目されています。
これはクラウドファンディングの一種であり、ネットを介して資金のやり取り、融資を受けたりしたもらったりができるわけです。
銀行を介することがない資金調達であり、世界中からできる、ということでかなり良い方法ではありますが貸す側としてはリスクを考えることになるでしょう。
金利が高いので当たり前ですがリスクもかなり高いこともあります。
仲介する業者が審査はしますがそれでも高いこともあります。
そうしたところを避けたいのであれば何か資産を抵当を入れている案件にするとかそうしたことをすればリスクはかなり押さえることができるようになります。
それがコツといえます。
特に不動産をしっかりと抵当に入れていますとその投資案件が失敗してもいくらかの投資額の回収をすることができます。



ソーシャルレンディングのリスクは投資先が不明な点

ソーシャルレンディングは新しい投資方式であり、国内においても急速に広まったために、まだまだ伸び代があります。
インターネットの専用サイトを通じて融資を募り、一定額に達すると融資が開始される仕組みとなっています。
ローリスクミドルリターンが実現できる投資として、多くの個人投資家が期待を寄せています。
投資先の情報は、詳細には分からないために、投資リスクがあります。
法律の定めによって、匿名契約が義務付けられているからです。
本来であれば、投資先の事業内容の詳細を知り、その事業の有望性を判断した上で投資の可否を判断するのが王道であるはずですが、それができないのはリスクであると言って良いでしょう。
サービス提供会社は、可能な限り投資案件の詳細情報を開示しようと努力していますので、最低限の投資判断に必要な情報は提供されていると考えてください。



ソーシャルレンディングの途中解約不可のリスク

ソーシャルレンディングは個人投資家にとって、高利回りの配当など、旨味のある投資であると評価され支持されています。
実際のところ、口座開設数を伸ばしているのが証左です。
融資を行なうと融資期間が終了し、満期を迎えるまでの間、原則として途中解約することとはできません。
したがって、期間中、資金が拘束されることになり、これを投資リスクと捉えることができます。
幸いなことに少額参加可能ですので、複数の案件に分散投資することで、貸し倒れリスクを低減することができます。
おおよその事業分野はわかりますので、ジャンルが重ならないように投資先を分散させることがソーシャルレンディングの投資を成功させるためのコツです。
いずれにしても、資金の運転効率を考慮して、資金が少ないときは、長期の案件を避け、資金が回収しやすい短期の案件を選ぶというのも一つのやり方です。

次の記事へ

カテゴリー