【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングの手数料のリスク

ソーシャルレンディングの手数料のリスク

ソーシャルレンディングは高利回りの配当が魅力であり、少額投資から始めることができ、個人投資家にとって魅力的な投資であることが支持されています。
専用のサイトで募集されている案件に参加するだけで、後は高配当が得られますので、簡単な手続きで参加可能な投資であると言えます。
しかし、匿名契約であるためには、貸し倒れリスクなど心配な面があります。
この場合、投資案件に参加すべきかを判断する目安には、利回りと手数料で判断することをお勧めします。
一般にリターンが大きい投資は、それに応じてリスクも大きくなる傾向があります。
通常は、配当利率のみに注目しがちですが、実際は貸し出しを行なう管理会社が手数料を上乗せして融資を行っています。
トータルの利率で案件を比較すると、リスクの程度が異なってくる場合がありますので注意してください。



ソーシャルレンディングの早期返済リスクを考慮

インターネット上で募集される投資案件と事業者への融資をサービスとして今日するのがソーシャルレンディングです。
高利回りの配当が得られるのが、投資家がソーシャルレンディングに期待するメリットの一つであることは疑いがありません。
融資期間中であれば、毎月を配当されますので、有望な投資として参加希望する方が多くいます。
その一方で、融資先の事業者が負債を一括返済(早期返済)をすることで、融資期間が大幅に短縮されてしまうケースがあります。
その時点で、取引は終了してしまいますので、満期日までの残された期間、予定されていた配当を受け取ることができなくなります。
配当は比較的、安定した収益となりますので資金計画に組み入れている投資家にとっては、事業者の早期返済はリスクとなります。
元本は返済されますが、リターンが減るという事態にとなるからです。



ソーシャルレンディングのリスク回避なら分散投資

ソーシャルレンディングのサービス提供会社が用意する投資案件には、一部では偏りが生じて、事業ジャンルが限定される可能性があります。
投資ジャンルが限定された領域となっている状態で、多額の資金を投入してしまうと万が一の事態が生じた場合に大きなリスクとなってしまうため対策が必要となります。
そこで、分散投資を検討することになりますが、可能であればソーシャルレンディングのサービスを提供する会社を、複数とすることで対応するのが望ましいと言えます。
ジャンルの異なる投資案件を選択するためにも、案件が豊富に提示されていることも、サービス提供会社を選択する条件の一つとなります。
例えば、不動産事業などに偏る傾向があるなら、海外事業の案件を組み合わせてみます。
但し、海外案件は、別に為替変動の影響を受けやすいデメリットがありますので、為替ヘッジを考慮する必要があることは留意してください。

次の記事へ

カテゴリー