【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > 把握する必要はあるソーシャルレンディングのリスク

把握する必要はあるソーシャルレンディングのリスク

投資家と企業の資金などでお金を借りたい個人をインターネットを通じて結びつけるサービスをソーシャルレンディングと言います。
このサービスを行っている運営会社に口座を開設して始めることができますが、投資する金額は最低額が1万円からという運営会社もあり、比較的始めるのは簡単にできる投資だと言われています。
投資利回りの運営会社全体を通して年5%前後から10%以上のところもあり、他の投資と比べても高利回りとなっています。
まだ始まったばかりで、これから成長が見込める分野だとも言われているようです。
それぞれの運営会社ではお金を借りたい側の審査などは確実に行っており、その回収もきちんとされています。
しかし、どんな投資もリスクはあります。
このソーシャルレンディングも元本が保証されているわけではありません。
従って貸し倒れのリスクがまったくないと言い切ることはできないので、その点だけはきちんと把握して始める必要があります。



ソーシャルレンディングのリスク

資産運用の投資では、リスクとリターンの考え方が重要になります。
ソーシャルレンディングの場合も、比較的高い金利で投資ができますが、それらの金利の収益に見合うだけのリスクが存在します。
それらのバランスにより、金利などが決定されます。
あまりにも良い条件や悪い条件の場合には、これらのバランスから見た判断が重要になります。
ちょうどコインの裏表のような関係があり、どちらかに偏っていた場合には、何らかの別な理由があるということも考えておく必要があります。
収益性が高ければ、それだけ何かのリスクが背後にあるということを考えてみます。
最終的にそれらのバランスがとれた条件が今の金利などの条件ということになります。
あとはそれらの条件をどの程度受け入れられるかということです。
それぞれのソーシャルレンディングの条件の違いも同じように吟味してみる必要があります。



魅力のあるソーシャルレンディングにはリスクもあり

お金を貸したい人と借りたい人を、インターネットを通じて結び付けることで、双方にメリットを与えるのがソーシャルレンディングの仕組みです。
高利回りが期待できる投資先として、多くの人に注目から注目を集めています。
とはいえ、投資を検討する際にはリスクについてもきちんと検討しておかなければいけません、ソーシャルレンディングのリスクで、もっとも注意する必要があるのが貸し倒れです。
資金を借りたいと考えたときに、多くのひとがまず頼るのが銀行でしょう。
しかし銀行は、「確実な返済が見込める相手」にしかお金を貸したがりません。
銀行でお金を借りられなかった人がソーシャルレンディングの利用を検討するわけですが、「銀行がお金を貸さない理由」が潜んでいることもあるはずです。
貸したお金が返ってこないことになれば、大きく損をすることになってしまいます。
投資先を検討する際には、どのようにリスク回避が行われているのかについても注目する必要があります。

次の記事へ

カテゴリー