【まとめんばー】ソーシャルレンディング会社をまとめてみた

HOME > ソーシャルレンディングのリスクについて > 資産運用の種類

資産運用の種類

資産運用の新しい投資対象となるソーシャルレンディングは、一般投資家から広く評価されつつあります。実際のところ、2chなどのインターネット掲示板でも、専用のスレッドが立ち上げられて、盛んに議論されるなどホットな投資対象となっています。
以降では、ソーシャルレンディングの特徴や資産運用に有効であるとされている理由を見ていくこととします。ソーシャルレンディングでは、インターネットを活用して、個人投資家の出資を募り、新規事業の立ち上げ等のために資金を必要とする人に、タイムリーに融資を実行できる仕組みが提供されています。銀行預金比べて、数パーセント超えの高い配当利率となる投資商品が多数取り扱われていますので、一般投資家にとって魅力的な投資商品であると評価されています。
但し、元本保証されませんのでリスクはあります。このデメリットに対しては、サービスの取扱い会社が投資案件に対して、動産や不動産を担保設定することで資金の保全を図っていますので安心できます。
一つ一つの投資案件は少額で参加できますので、投資対象の分野を異なるものをターゲットとして分散投資することができ、これによりリスクを軽減することができます。

投資対象となるファンドの特徴を知っておくと、分散投資をする際に役に立ちます。ソーシャルレンディングのサービス提供会社にもいくつか種類があります。複数の会社を検討した上で口座開設をすることで、それぞれの会社が持つ強みを生かすことができます。不動産事業者に対する融資を主体とする会社や、その他、新規事業者への出資を積極的に行う会社もあります。
また、海外事業に特化した案件であれば、為替の影響を受けますので、為替ヘッジが付いている案件を選択するなど、ファンドの特性に合った投資判断が求められます。
むしろ多様性がありますので、資産運用と捉えて分散投資のために、ポートフォリオを組む等、工夫する余地があります。当然ながら出資会社の事業形態や財務状況の他、サービス取扱い会社の融資先の選択基準も考慮すべきです。

ソーシャルレンディングは、まだ歴史も浅く、ここ数年で、参加者に有利なキャッシュバックやキャンペーンなどの実施によって、短期間に飛躍的に口座数を増やしてきている会社もあります。
今後の伸び代もあり、一般投資家へさらに浸透していくと予想されています。株式や不動産投資に比べて、投資資金が少なく済むため分散投資がしやすく、安定した資産運用を行うための選択肢の一つになり得ます。
以上、新しい投資として注目を集めているソーシャルレンディングの特徴と資産運用の観点から、その可能性を考察してみました。

次の記事へ

カテゴリー